TOP > 新着情報:だんじり子供歌舞伎第十九回公演のご案内
新着情報

だんじり子供歌舞伎第十九回公演のご案内


日 時 平成23年5月4日(水)〜5日(木)
     13:30〜14:30

場 所 白鳥神社(雨天の場合は祓所にて)

演 目 絵本太功記 十段目『尼崎の段』

【あらすじ】

主君・尾田春永から辱められた武智光秀はついに耐えられなくなって謀反を決定しこれを討つ。だが光秀の母である五月は、これに怒って家出してしまう。光秀は腹を切ろうとするが諌められ、久吉を討つため御所に向かう。尼ヶ崎に五月は引きこもるが、光秀の子・十次郎とその許婚である初菊とともに祝言をあげ、十次郎は出陣する。その時ある僧が宿を求めていたが、後から来た光秀はこれを久吉と見破り、障子越しに槍で突いた。だが、そこにいたのは五月であった。そこへ瀕死の十次郎が帰ってくる。もはや戦況は絶望的である。五月も十次郎も死んでしまい、動転した光秀の前に久吉と加藤正清が現れ、後日天王山で再び会うことを約束し、去っていく。

【出演者】

 光秀 安富 浩輝(小学3年)

 十次郎 杤木 美月(小学3年)

 初菊 六車 理湖(小学4年)

 五月 小島 彩華(小学2年)

 操 幕内 聖華(小学3年)

 久吉 黒田 悠斗(幼年長)

 正清 松井 信明(小学4年)


江戸時代から受け継がれる伝統芸能を継承するために、三味線・浄瑠璃などを習いたいという後継者及び会員を募集しています。また、幼稚園年長から小学2年生までの出演者(男・女)も合わせて募集しています。

トップページに戻る
このページのトップに戻る